« ヨセミテ国立公園 2日目 | トップページ | サンフランシスコ ホテル »

2006.03.27

サンフランシスコ

「なつかし~故郷に戻ってきたみたい。」

サンフランシスコ旅行は両親にとって縁があってか3度目となる。そんなに広い街ではないので市内だけを回るのには1日、2日もあれば十分だ。そんなわけでほとんど見て回った彼らにとってサンフランシスコはもう「アメリカ旅行」ではなくなっているのもしれない。

天気予報ではサンフランシスコ滞在中はずっと雨マークがついている。今年は異常気象で、3月の終わりになっても雨がずっと続いている。(夏の水不足はなさそうだ)

朝起きてホテルの窓から外を覗く、まだ雨は降ってない。よっしゃー。とりあえず“フィッシャーマンズワーフ”へ急ご。土日は特に観光客でにぎわっている(というよりごった返している)観光地になっているが、さすがに平日の朝は人も少ない。

サンドイッチ、スープ(もちろん、クラムチャウダー)、コーヒー等テイクアウトして“サンフランシスコ・マリタイム国立歴史公園”(という名前らしい、知らなかった)でサンフランシスコ湾を眺めながらいただく朝食。気持いい~。波の音も聞こえる。

 Dscn2108_1 たいてい霧で姿がよく現れない“ゴールデンゲートブリッジ”は左手方向にうっすらとだけど見えてる。

あっ右手方向にアルカトラズ島も見える。島を取り巻く速い潮流と7~10℃の冷たい水温の為“脱獄不可能の島” といわれた“アルカトラズ島”。投獄されていた(極悪)囚人Dscn2111 の中で実際に何人かは脱獄した。成功したかどうかは未だに分らないらしい。

えっちょっと、前方になんかいる。双眼鏡で確認、人間だ~。泳いでるよ。遠泳なみだ。

「きっと囚人達は生きて帰った」、と今回初めて思った。

それから間もなくして雨が降り出した。

|

« ヨセミテ国立公園 2日目 | トップページ | サンフランシスコ ホテル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171507/9482008

この記事へのトラックバック一覧です: サンフランシスコ:

« ヨセミテ国立公園 2日目 | トップページ | サンフランシスコ ホテル »