« いざ、福島へ | トップページ | 母と娘の時間 »

2008.09.21

鬼怒川 竹やぶ

そば通をうならせる“竹やぶ”Img_1618_2
六本木ヒルズにも出店。

この“竹やぶ”のお弟子さんが構える店
“鬼怒川 竹やぶ”。
茨城県の守谷市にある。
そば通が皆遠方より足を運ぶ。
両親がそば通で、いろいろなところを食べ歩いた末たどり着いたお店。
それがこの“鬼怒川 竹やぶ”。
両親と一緒に、少なくとも1ヶ月に1回は車を飛ばしやってきます。
顔見知りのご主人と奥様が今日も気持ちよく迎えてくれました。

Img_1620_2  鬼怒川を眺めながらまず“つまみ”ます。
おそばは最後。
これ鉄則。

自家製生ゆば。葉わさび正油漬け。にしん(ご主人より)に玉子焼き。Img_1622
そして焼きみそは焼きのりに巻いていただきます。

Img_1624 限定20食の“田舎せいろ”。
殻付の玄蕎麦を石臼で手挽きしている。
このそば、かめば噛むほど味が出る。
他では食べられないこのおそば。
おそばだけではなくかなり濃いつゆも美味。
おそばとおつゆ、この両方満足する店、めったにない。
そして驚くほど真っ白でどろっとしている蕎麦湯。Img_1626
Img_1627 (この蕎麦湯で割ったそば焼酎、最高!)
そして器もこうお洒落にこだわってほしい。

幸せな時間。

|

« いざ、福島へ | トップページ | 母と娘の時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171507/42545281

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼怒川 竹やぶ:

« いざ、福島へ | トップページ | 母と娘の時間 »